和やかな茶農家ライフを体験

穏やかなオクシズの自然に囲まれた、静岡茶発祥の地。

奥長島のだんだん茶畑はココが良い!

  • オクシズの自然を五感で

    茶園の緑と空の青。川の音と、鳥のさえずり。山間から吹き込む風と、土の香り。
    茶園は下から見上げる石垣も圧巻ですが、農作業しながら見下ろす風景は心が穏やかになります。

    奥長島のだんだん茶畑を応援する
    「チャフカ隊」Webサイト
  • 古民家「山茶」の農家時間

    茶畑の作業の後は、古民家「山茶(さざん)」へ。茶園を管理している勝山さんが、住居兼作業場として大改造した古民家です(※作業参加時のみ入れます)。おしゃべりしながら、茶葉の選別したり、お茶で一服したり。ゆったりとした農家暮らしの時間があります。

  • シゴトの後のお茶は格別!

    自分が手入れした茶園で採れたお茶を飲むのは格別ですね。地元足久保のお茶を使った名物「茶っきり饅頭」や、茶蕎麦打ち体験も、不定期ですがイベントで味わうことができます。

服装・棚田のマナーも忘れずに!

奥長島のだんだん茶畑の概要

静岡茶は駿河国安部郡栃沢に生まれた鎌倉時代の高僧、聖一国師が宋から持ち帰った茶の実を足久保で栽培したことから始まったといわれています。足久保では江戸時代の初めには御用茶として将軍家に上質な煎茶を納めていました。

そんな足久保にある「奥長島のだんだん茶畑」は高さが70mほどの絶壁のような茶畑です。50年ほど前に、この地域の農家が11年ほどかけて、すべての石を河原から運び上げて完成させたもので、その茶園景観は静岡を代表するものになっています。

ふる里からのメッセージ

奥長島のだんだん茶畑
まもり隊
勝山育子さん

準備中です。

場所
静岡市葵区足久保
保全団体
奥長島のだんだん茶畑まもり隊
面積
棚田の枚数
平均標高
栽培作物
優れた農業土木
茶園を支える石積み
国土環境保全
洪水防止、水のかん養
伝統文化の継承
美しい景観
石積みのだんだん茶園が織りなす景色
故事来歴・民話
豊かな生態系
棚田をもっと知る